>>SWELL実装中<<

ブログのリード文を悩まずに書く方法【5ステップ】

ブログのリード文とは
悩む女性のアイコン画像悩む女性

リード文ってなんですか…
上手いリード文ってなに…

こういった疑問に答えていきます。

この記事を読めばわかる事
  • ブログのリード文の書き方
  • リード文の重要さ

この記事を読むだけで、リード文の書き方が簡単にわかります。
今日から実践できるので是非やってみてください。

リード文がうまくかけるようになると

  • 直帰率が下がる
  • PVアップに繋がる
  • 商品が売れる可能性が上がる
かかどぅのアイコン画像かかどぅ

メリットが大きい!
やるしかないですね。

目次

ブログのリード文とは

リード文は文字の通り文をリード(導く)ものです。

今回の僕の記事でいうと

リード文の見本

これがリード文になります。

本文に入る前のところですね。
リード文が上手く書けるようになるとメリットが3つあるので紹介していきます。

ブログのリード文がもたらすメリット【3つ】

普段ブログ書いているときに、リード文を意識していますか?

もし意識していなかったらもったいないです。

リード文がもたらすメリットを紹介していきますね。

リード文のメリット
  • 直帰率が下がる
  • PVが増える
  • 商品が売れる可能性が高い

優れたリード文は直帰率を下げる

直帰率というのは、ブログを訪れて、そのページだけをみて帰ることです。

直帰率が高いとSEO的にもよくない評価がついてしまいます。
なので下げる事が重要なのですが、リード文は直帰率を下げてくれる要因の1つになります!

悩む女性のアイコン画像悩む女性

なんでリード文で直帰率が下げられるのよ…

直帰率が高い原因として、リード文がつまらない。
もしくは自分が求めている情報が載ってなさそうと読者が判断すると、本文に入る前に帰ってしまいます。

つまり、本文を読ませるためにはリード文でどれだけ読者の心を掴むかが大事なのです。

本文を読めば関連記事や合わせて読んでもらいたい記事が貼ってありますよね!

それを踏んでもらう事で直帰を回避することができます。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

直帰率の意味がわからない人は以下の記事を参考にして見てください。

>>>ブログの直帰率ってなに?離脱率、回遊率との違いもチェック

リード文が優れているとPVが伸びる

今紹介してきたメリットと繋がるのですが、本文を読んで関連記事を読んでもらえれば直帰率だけでなく、PVも増えます。

訪れたユーザーが内部リンクをクリックするだけで、PVは増えますよね。

訪れたページ→離脱

これだとPVは1ですよね。

訪れた最初のページだけしかカウントされません。

訪れたページ内部リンク→離脱

これだとPVは2倍に増えます。
訪れたページと内部リンクの2ページがカウントされます。

リード文が優れていると商品が売れる可能性が高くなる

今紹介して来たメリットで、なんとなく理由がわかる人もいると思います。

そうでない人に説明していきます。
商品が売れる可能性が高くなる理由が2つあります。

理由1つ目
リード文が弱い、つまり読者にとって刺さらないと、そもそも本文を読んでくれませんよね。
本文を読まれないという事は、商品購入に至らないという事です。

理由2つ目は
リード文で本文の要約をしてあげる事で、本文の内容が頭に入って来やすくなります。

内容が頭に入って来やすいということは、内容が理解しやすい。
つまり、あなたの言いたい事が伝わりやすいという事です!

校長先生の話って長く感じたりしませんか?
それは、何を言いたいか結局わからず、何も伝わって来ないからなんです。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

文の頭に言いたいことを伝え、
読者が内容を理解しやすいようにしましょう

ブログのリード文の書き方【5ステップ】

ブログのリード文を書くには5つのステップを踏んでいくことで書きやすくなります。

リード文の5ステップ
  • ターゲットに疑問を投げかける
  • この記事を読むと分かることを伝える
  • 簡単にできることを伝える
  • 権威性があるとなおいい
  • この記事を読むとどんな未来があるかを想定させる

では1つずつ紹介していきます。

ステップ1「ターゲットに疑問を投げかける」

疑問を投げかけるというのは「こんな悩みありますよね」というのを再確認させることです。

ここで書くのは「顕在ニーズ」です。
「顕在ニーズ」は読者が求めているものそのものです。

リード文の見本(ターゲットに疑問を投げかける)

今回の記事で言うと、こちらの部分です。

これを書くことで「え、私のことじゃん。気になる」と読者に思わせる事ができます。

ステップ2「この記事を読むと分かることを伝える」

この記事を読むとわかる事を伝えてあげましょう。
ここが本文の要約になります。

先ほど例にあげたように、「校長先生の話は退屈」という風な記事にならないために必要です。

リード文の見本(この記事を読めば分かること)

これがこの記事の「読めばわかる事」です。
これだけでこの記事が何について書いてあるかが明確ですよね。

ステップ3「簡単にできることを伝える」

人間は面倒くさがりです。
時間がかかる事は基本面倒臭いと言ってやりません。

やらないという事は、この記事を読まないという事です。
読んでもどうせやらないからです。

なので「簡単にできるよ!」というのを伝えてあげましょう。

この記事ではこの部分が簡単にできるよというアピールポイントです。

ステップ4「権威性があるとなお良い」

権威性というのは、この記事の根拠を示すものです。

根拠があるかないかで記事の説得力が変わります。

お医者さんが「この風邪薬を飲めば、体調が良くなるよ」

というのと

知らないおばさんが「この風邪薬を飲めば、体調が良くなるよ」

では説得力が全然違います。
むしろおばさんが言った方は不安になりますよね。

ですが権威性というのは、誰もが持っている訳ではないです。
なので持っている人は書いた方が絶対いいですよ。

悩む男性のアイコン画像悩む男性

権威性なんてないんだけど…

それは今はしょうがないです。
今こうやってブログを書いて成長途中ですよね?

成長してから書き足しましょう。

ステップ5「この記事を読むとどんな未来があるかを想定させる」

未来を想像してあげる事で、この記事を読もうと思わせる最後のきっかけを作る事ができます。

リード文の見本

この記事の場合はこんな感じです。

ここでポイントを紹介します。

想像できる未来に「潜在ニーズ」を入れてあげると効果的です!

「顕在ニーズ」の反対の言葉として「潜在ニーズ」というのがあります。
「潜在ニーズ」というのは読者が求めているけど、それをあまり自覚していない領域の事です。

例えばこの記事の場合、顕在ニーズは「リード文って何?どうやって書くの?」という事です。

でもこれを知りたいのって、「PVを伸ばすためのリード文が知りたい」という事ですよね。

リード文の書き方を知りたい→なんで→PVを伸ばしたいから

みたいに分解する事ができます。
この「なんで」を深掘りする事で、潜在ニーズを見つける事ができますよ。

ブログのリード文の書き方を5ステップで解説【まとめ】

この記事では「グログのリード文の重要さと書き方」について紹介していきました。

おさらいすると、

  1. ターゲットに疑問を投げかける
  2. この記事を読むと分かることを伝える
  3. 簡単にできることを伝える
  4. 権威性があるとなおいい
  5. この記事を読むとどんな未来があるかを想定させる

この5ステップでリード文を作ることがきます。

4の権威性については誰でもできる訳ではないので、権威性を持っている人はチャンスです。

1、2、3、5については誰でも出来ます。

今日から是非実践して、あなたのブログのレベルアップさせましょう。

目次
閉じる