>>SWELL実装中<<

大学生は免許取得はいつがいいの?【結論:早い方がいい】

悩む男性のアイコン画像悩む男性

大学生っていつ運転免許を取りに行くべきなんだろう。
そもそも免許って必要なの?

こんな疑問にお答えします。

この記事を読めばわかること
  • 大学生はいつ免許を取ればいいのか
  • 大学生が免許を取得しておく理由
  • 合宿免許か教習所に通って取るかの違い
かかどぅのアイコン画像かかどぅ

僕は大学1年生の時に取ってます。
正直、早く取っておいてよかったです。

この記事を読むことで、大学生活をより楽しむための1つを知れます。
人より一歩先の楽しみをゲットしましょう。

目次

免許はいつ取るのがいいのか

悩む男性のアイコン画像悩む男性

免許って必要なの?
電車あれば移動困らないし…

こんな風に僕も思っていました。
ですが、実際に大学生のうちにとって良かったと思っているので、それをあなたに伝えます。

まず、社会人になると車に乗る機会が減ってしまいます。

せっかく免許をとったのに車に乗らないとどうなると思いますか?
それは「ペーパードライバー」になってしまいます。

ペーパードライバーとは、免許を持っているだけで、運転するのが久々で運転できない人のことです。

大学生のうちは、友達と遊ぶ際や家族と出かけるときに運転する機会が多いです。

そのため、家に車がある人はペーパードライバーになりにくいです。

ですが社会人になると、車を利用する機会が減り、ペーパードライバーになってしまいます。
だから大学生のうちにとっておくことがお勧めなのです。

そして、社会人になると教習所に通っている時間が取れなくなります。

大学生は1限から5限までフルで授業があるというのは、せいぜいあっても週に1日ですよね。

なので、全休や1限だけの日などは教習所に行くことができます。

ですが、社会人になるとそうは行かなくなります。
確かに土日はあるかもしれませんが、せっかくの休みの日に教習所に行きたいですか?

家でゆっくりしたり、友人や恋人と休みを合わせてお出かけしたいですよね。

そして免許証は身分証にもなったり、就職活動の際の資格に書くことができます。

営業なんかの人は車に乗る機会があるので、就職まえにとっておくことが大事です。
だから大学生のうちにとりましょう。

大学生の免許取得はいつがいいの?

結論からいうと、できるだけ早い段階で行くことをお勧めします。

その理由は2つあります。

早く教習所に行くべき理由
  • 大学生は1年生が一番ひま
  • 早くとればできることが増える

大学生は1年生が一番ひま

始まったばかりの大学は慣れないことが多くて忙しく感じるかもしれませんが、正直今考えれば1年生が一番ひまでした。

その次に暇なのは2年生です。大学にも慣れている時期ですね。
遅くても大学2年生までにとっておくことをお勧めします。

3年生になると、いよいよ就活に向けて準備が始まり、4年生は就活真っ最中です。
そんなときに教習所に通っているひまはありません。

大学の課題の難易度も上がり、深夜までパソコンをカタカタいじっている姿を想像してみてください。
その次の日は教習所があったら嫌ですよね?

なので大学1年生、遅くても2年生のうちに運転免許を取得しておくことをおすすめします。

はやく取ればできる事が増える

免許を取得したら何をしたいですか?
友達と少し遠出をしたり、恋人と旅行なんて素敵ですよね。

こん感じで、免許を取ればできる事が増えるんです。

他にも深夜にドライブに行ったり、デートの口実なんかもできますよね。笑

大学生のうちに免許を取っておく方が、より大学生らしい生活が遅れます。

大学生は教習所に通いか合宿か

悩む女性のアイコン画像悩む女性

運転免許を取得するって言っても「教習所に通う」「合宿免許」のどっちがいいのかな?

ここで迷う方も多いと思います。

なのでメリットとデメリットを上げて行きますね。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

僕は通いで免許をとりました。

ちなみに料金に関しては、時期によって結構変わってきます。

夏休みなどの長期休みにはみんなが教習所に通うので料金が高くなり、閑散期になると料金が下がったりします。

教習所の閑散期は、5,6月や10,11月ですね。夏休みや春休みの長期休みを除いた期間が閑散期に当てはまります。

ちなみに通いの場合だと閑散期の方が予約がとりやすいので、閑散期がおすすめです。

教習所に通って免許を取得する場合

ぼくは教習所に通って免許を取得しました。

その経験を踏まえてメリットとデメリットを比較して行きますね。
メリットは3つです。

教習所に通うメリット
  1. スケジュールを合わせられる
  2. 道を覚えられる
  3. 実際の運転に近い感覚で学べる

そしてぼくが体感したデメリットはこちらです

教習所に通うデメリット

教習期限が切れると最初からになる

大学生が教習所に通うメリット

教習所に通うメリットを1つずつ説明していきます。

スケジュールを合わせやすい

大学生は遊んだり、バイトをしたり、学年によっては就活なんかもありますよね。

通いの場合は予約して車に乗ります。
なので自分のスケジュールを優先させれたければ、予約しなければいいだけなのです。

教習所より優先させたい事があるという人も多いので、通いはスケジュールが合わせやすいというメリットがあります。

道を覚えられる

あなたが教習所に通うとしたら、家の最寄りの教習所に通うと思います。

なので免許を取ってからその道を通る機会も多いですよね。
教習所の路上運転では、教習所の近くの道を走るので道を覚えていきます。

実際に教習のメニューでも、道を覚えて行う場合もあるので自然と道を覚える事ができますよ。

実際の運転に近い感覚で学べる

合宿免許だと、田舎道を走る場合もあります。
人が少なく運転しやすい道です。

ですが通いの教習所の場合はその教習所の近くの道を走りますので、車も人もたくさんいます。

最初は怖いですが、実際に運転するようになったらこのような状況は当たり前です。

助手席には運転のプロがいるうちにこのような環境に慣れておけるのも、通いのメリットですね。

大学生が教習所に通うデメリット

大学生が教習所に通うデメリットは1つです。

それは教習期限があるという事です。

教習期限が切れると最初からになる

教習期限というのが決まっていて、初めて授業を受けた日から9ヶ月以内に全ての教習課程を終わらせなければなりません。

これを過ぎてしまうと最初からになってしまったり、途中からやり直しなんてことも…

悩む女性のアイコン画像悩む女性

いやいや、そんな9ヶ月もかかる人なんているの?

これがいるんですよ。
それも運転が苦手とかではなく、行くのがめんどくさくなってしまううちに8ヶ月経ってしまった…と言ってました。

自分でモチベーションを維持できなさそうな人は合宿免許の方がいいかもしれませんね。

合宿で免許を取得する場合

合宿免許にもメリットとデメリットが存在します。
ぼくの友人から聞いた話を紹介していきます。

メリットは3つです。

合宿免許のメリット
  1. 短期間で取得できる
  2. 出会いがある
  3. 運転しやすい道で練習できる

そして合宿免許にもデメリットが1つあります。

合宿免許のデメリット

スケジュールが合わないと行けない

大学生が合宿免許にいくメリット

合宿免許のメリットを1つずつ説明していきます。

短期間で取得できる

合宿免許の最大のメリットは短期間で取得できるというとことですよね。

最短で2週間で教習が終わります。

通いでとる場合だと2週間は厳しいですね。
早くても1ヶ月半から2ヶ月かかります。

夏休みは春休みの長期休みの際に友達を合宿免許に行ってみるのもいいと思います。

ちなみに合宿免許は非常に人気が高いので、行きたいと思ったらすぐに予約をする事がおすすめです。

出会いがある

これは友人から聞いたガチな話なんですが、まじで出会いがあるらしいです。

合宿免許で知り合った場合、2週間丸々とまではいかなくても数日は一緒に過ごすわけです。

友達の友達はそこで知り合った人から恋人に発展したらしいです。笑
本当に出会いってあるんだって思いますよね。

運転しやすい道で練習できる

合宿免許の場合、田舎が多いです。

田舎道は人も少なく、車も多くないため運転しやすいと言えます。

とにかくペーパーでもいいから免許は欲しいというのであれば、合宿免許で怖がる事なく運転をして免許をとってもいいですね。

大学生が合宿免許にいくデメリット

デメリットは1つだけです。

スケジュールが合わないと行けないという事です。

スケジュールが合わないと厳しい

大学生の長期休みに友達と旅行に行く計画を立てたりしますよね。

そうなって合宿免許の期間と被ってしまうと、どちらかを諦めなければなりません。

なので合宿免許に行くときの長期休みは遊びを2週間我慢する必要があります。

大学生は免許取得はいつがいいの?まとめ

大学生のうちに免許を取得しておくべき理由がわかったでしょうか。

教習所に通うにしても、合宿免許でとるにしても、早ければ早いほどいいです。

免許を取得して、友人や恋人と楽しい大学生ライフを過ごしましょう。

目次
閉じる