>>SWELL実装中<<

靴は0.5cm(センチ)大きい方がいい?その違いは?【元靴屋店員が紹介】

悩む男性のアイコン画像悩む男性

靴って0.5cm大きくても大丈夫?
ちょっと大きい靴を買っちゃったかもしれない。

このような悩みを解決していきます。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

僕は靴屋でアルバイトをしていたので、靴のことはお任せください。

この記事を読めばわかること
  • 靴のサイズの見極め方
  • 靴のサイズが大きかった時の対処法
目次

靴の0.5cm(センチ)の違いは大きい

靴は洋服に比べてサイズ感がシビアですよね。

0.5センチ大きいか小さいかの違いで、靴が履けるかどうか決まります。

靴は小さすぎては足を痛めますし、大きすぎても靴ずれを起こしてしまいます。

なので自分の足にあったサイズを選びましょう。

また、その靴がスニーカーなのか、革靴なのかによって、適切なサイズが変わってくるので、それぞれに合わせて紹介していきます。

靴はジャストサイズより0.5cm(センチ)大きいほうがいい【スニーカー】

まずはスニーカーです。

スニーカーのサイズを選ぶときのコツは、「ジャストサイズより少し大きめ」がいいです。

「少し大きめ」というのは、指が一本入るくらいの隙間だと思ってください。

人間は歩くときに足の指が伸びるので、少しだけ隙間があるほうがいいのです。

スニーカーの素材がレザーであれば多少横には伸びます。
ですが、レザーであっても縦には伸びにくいです。

スニーカーは基本伸びないということを考えると、元からゆとりがあるほうがいいのです。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

スニーカーは指が一本入るくらいのゆとりがあるものがおすすめです。

靴はジャストサイズがいい【革靴】

革靴はジャストサイズがいいと言われています。

先ほどのスニーカーとは違い、ゆとりをもたせてあげる必要はありません。

また革靴はレザーでできているため、ちょうどのサイズで履いていても、履いているうちに少しだけ伸びてくることもあります。

もちろん、合皮でできている革靴は伸びにくいので、そのときはサイズ感に注意しましょう。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

革靴はジャストサイズでOKです。

靴のサイズが大きくて合わない時の対処法

悩む男性のアイコン画像悩む男性

それがさぁ、もう靴買っちゃったんだけど、少し大きかったんだよね。

こんな時のために、サイズを合わせる方法も紹介していきます。

大きいサイズの靴を買ってしまった時の対象法は3つあります。

靴が0.5cm大きかった時の対処法
  • 靴紐を締める
  • 生地の厚い靴下を履く
  • 中敷を入れる

1つずつ紹介していきますね。

靴紐を締める

これがもっとも簡単な方法で「靴紐を締める」だけです。

靴紐を締めるときも、靴の入り口のところだけを締めるのではなく、つま先の方の紐から閉めてあげてください。

靴紐を締めることで、靴と足が固定されて、靴の中で足が動きにくくなります。

生地の厚い靴下を履く

これも楽な方法で、靴を履いた時の感じが変わります。

生地の厚い靴下を履くことで、足と靴の隙間を靴下がうめてくれます。

その結果、靴と足が固定されて、歩きやすくなります。

冬なんかであれば、この方法が楽でいいと思います。

中敷を入れる

最終手段は「中敷を入れる」です。

中敷を入れることで、靴と足の間の隙間をうめてくれます。

この中敷は「ソルボヘルシー」というもので、靴屋でアルバイトしているときも人気でした。

こちらの中敷はかなり分厚いので、もともと靴に入っている中敷を抜いて入れ替えることをおすすめします。

中敷にもサイズがあるので、自分の靴にあうサイズを探してみてください。

また、サイズがかなり緩い場合は、今入っている中敷の上からソルボヘルシーの中敷を入れてもOKですよ。

靴は0.5cm(センチ)大きい方がいい?その違いは?【まとめ】

靴の0.5cmの違いはかなり大きいです。

スニーカーと革靴によって適切なサイズというものは変わってきます。

もちろん、靴屋さんで店員さんにみてもらうことが一番ですが、声をかけにくい、一人でゆっくりみたいという方は、この記事を参考に靴を選んでみてください。

目次
閉じる