>>SWELL実装中<<

wordpressのテーマは有料か無料か最終決着

wordpressの有料テーマで行動が変わる
悩む男性のアイコン画像悩む男性

ワードプレスのテーマって有料と無料のどっちがいいのかな…
有料の方が稼げるって聞くけど実際どうなの…

この様な疑問に答えていきます。

結論からいうと有料の方が稼げます。
それは基本的に効率が上がるからです。

実際にぼくも有料にするべきか無料でいいのかすごい迷いました。
その経験を踏まえこの記事を書いていくので、みなさんの参考になればと思います。

かかどぅのアイコン画像かかどぅ

ぼくも有料テーマのSWELLというものを使っています!

この記事を読めばわかること
  • 有料テーマとは
  • 有料テーマと無料テーマの違い
  • なんで無料じゃダメか
  • 有料テーマにするメリット
  • 有料テーマにするデメリット

ただ最初に注意しておくべきなのは、無料だと稼げないというわけではありません。
実際に無料テーマで稼いでいる人もいます。

たまに「有料にしたら稼げる」と勘違いしている人がいます。
有料にするから稼げるのではなく、有料にして行動が変わったから稼げるようになる。
これを頭の片隅に入れて読み進めてください。

有料テーマを買うか無料テーマで書き進めるかで迷ってる時間がもったいないです。
決断することができると以下のようなメリットがあります

  • ブログに集中できる
  • その結果稼ぐことに向かって最短距離で進める
かかどぅのアイコン画像かかどぅ

僕もめっちゃ迷いました。ですが、正直はやく買えばよかったって思っています。

目次

wordpressの有料テーマで行動が変わる

「有料にしたから稼げる」のはないと最初に言いました。

ですが「有料にして行動が変わったから稼げるようになる。」が正しいです。

行動が変わるとどうなるか、それは3つあります。

有料テーマがもたらす行動の変化
  1. インプットに時間をかけられる
  2. 読者の滞在時間が伸びてSEO対策になる
  3. 継続してブログを書くことができる

では具体的に行動は何が変わるのか、それを深掘りしていきます。

この記事では初心者さんでもわかりやすいように、基本的な話から入っていきます。
自分は「ここはわかる」というところは流し読みでOKです。

ワードプレスの有料テーマとは

ワードプレスのテーマには有料で販売されているのもがあります。

悩む女性のアイコン画像悩む女性

え、ブログ始めるのにもお金かかったのに。
始めてからもお金かかるなんて聞いてないよ…

ぼくも実際こうなりました。
なのでケッチって無料テーマでブログをスタートしています。

有料テーマだと「SEOに強い!」とかよく聞きますよね。
でも、現在無料で出ている中でもSEOに強いものはあります。

例えばcocoonという無料テーマは無料なのに強いという声があります。

なので「有料テーマだけがSEOに強い」とは一概には言えないです。

じゃあ有料テーマと無料テーマって何が違うのかを解説していこうと思います。

ワードプレスの有料テーマと無料テーマの違い

wordpress有料テーマと無料テーマって実際何が違うのか気になりますよね。

せっかくお金を払うのに違いが明確じゃなかったら買わないです。

もちろん有料テーマの方が優れた点はいくつもあります。
特に「ここが違う!」というところを3点紹介します。

wordpressの有料テーマと無料テーマの違い
  1. デザイン性
  2. カスタマイズ性
  3. 記事作成の効率

有料テーマの方がデザイン性に優れている

有料テーマには「テンプレート」というのが配布されていたりします。

そのテンプレートをダウンロードして自分のブログに反映することで、一気に「ブログ」っぽいデザインが手に入るのです。

さらにそこから「ヘッダーの色を変えたい」などの自分の好みに変えることができますよ。

ぼくも実際SWELLの公式ページで配布されているテンプレートをダウンロードしてから、あとは自分の好みに変えて使用してます。

ちなみに当サイトで実装しているSWELLのデモサイトが公式ページにあるので、有料テーマがどんな感じなのかを見てみるとイメージがつきやすいと思います。

ブログを書き始めていると自分のサイトに愛着が湧いてきます。
そのため、デザインもかっこよくしたくなるんですよ。

ですが、ブログはコンテンツがメインです。


デザインにこだわる事も重要ですし楽しさがあり夢中になりがちです。
ブログのデザインに時間をかける方がメインになってしまっては本末転倒ですよ。

有料テーマの方がカスタマイズ性に優れている

ウィジットという言葉をご存知でしょうか。

自分の言葉で詳しく説明するのが難しいため引用します。

パソコンのデスクトップやWebページなどで動作する小さなアプリケーションのこと。カレンダーや電卓、音楽プレイヤーなどのアクセサリー類やRSSリーダー、検索ボックスなどがある。Yahoo!のYahoo!ウィジェット、Mac OS Xに付属のDashboardなどがある。WindowsやGoogleでは、ガジェットと呼ばれている。ブログのサイドバーに追加するウィジェットは、ブログパーツと呼ばれる。

コトバンク-ウィジェットより引用

ウィジェットがあるとどう違うかを紹介するための例としてぼくのブログで紹介します。

注目してほしい部分は右端です。
「プロフィール」「カテゴリー」「固定ページ」が表示されています。

テーマによってこのウィジェットの部分が豊富に用意されているかどうかが違います。

ちなみにウィジェットを外してみるとこんな感じです。

悩む男性のアイコン画像悩む男性

ちょっと寂しい気がするなぁ…

プログラミングの知識が皆無でもこの様にカスタマイズできるので、「プログラミングができない」という方でも安心してください。

ブログを書くことがメインなのに、プログラミングの事も勉強しなければいけないとなると大変ですよね。

ブログを書く時間を作るためにも、お金を書けて時間を短縮することができるなら、時間を優先させてもいいんじゃないかなと思います。

有料テーマの方が記事作成効率がいい

今紹介してきた話と繋がる部分もあるのですが、ブログで収益をあげたいと考えている人には大事な話なのでしっかり聞いてください。

「ブログのデザインを綺麗にしたい」と思う方は多いと思います。
ですがHTMLやCSSの知識が乏しいと、デザインを凝るのに時間がかかりますよね。

コピペでできるといっても、結構な作業量になると思います。

もちろん、デザインも大事なことではあります。
ですが一番大事なのはコンテンツです。
コンテンツとは記事のこと。

収益を上げるためには良質な記事が必須です。
なので記事の質を上げるために時間を割くべきだとぼくは思うんですよ。

質を上げるためにはインプットが欠かせないです。本を読んで見たり、有名な人のブログを読んだり。

今回のテーマから話がずれそうなのでこの辺にしておきます。笑

とにかくお金をかけて自分の時間を有意義にした方が、結果的に効率が上がりますよって話です。

無料テーマではダメな理由

無料テーマで書いて稼いでいる人は確かにいます。

でも早く稼ぎたいと思うなら、早く有料テーマに変えることをお勧めします。

理由は2つです。

無料テーマのダメなところ
  • 逃げ道ができる
  • デザインにこだわれない

この2つがあげられます。
順番に説明していきますね。

ブログをやめる逃げ道ができてしまう

あなたが今までブログにかけてた金額はどれくらいでしょうか。

レンタルサーバー代、ドメイン代ですかね。
きっとこれって1年で1万円くらいだと思います。

最初はこの初期投資重たいなとか思ったかも知れません。
「絶対取り返したい」と思いませんか?

その気持ちに加速をかけるのが有料テーマです。

お金をかければかけるほど、取り返したいと思ってしまいますよね。
そしてさらに努力をすると思います。

ですが、無料テーマで書き続けていたら「1万円分くらい得たものはあるからいいや」なんて思ってしまう。
要は逃げ道ができるということです。

始めた頃は元を取ろうと必死なのに、稼ぐことのキツさを感じた途端妥協し始めるんです。

悩む男性のアイコン画像悩む男性

だってPV伸びないし、収益も発生しないんだもん

継続なしにPV増えている人も稼げている人もいません。
継続するために逃げ道をなくす、それができるのが有料テーマです。

無料テーマにその力はありません。

ブログのデザインにこだわれない

有料テーマであれば、HTMLやCSSの知識ゼロの僕でも、ボタン1つで

喜ぶ女性のアイコン画像喜ぶ女性

吹き出しが出せるよ!

また文章にもをつけられます。

ブログを始めた頃に使っていた無料テーマでは、色をつけるときに文の1部だけ色をつけるということができませんでした。

つまりこんな感じで1文全てにエフェクトがかかってしまってしたのです。

SWELL以外のテーマを使ってないですが、他の有料テーマでブログを書いている人を見ても部分的に色を変えたりしてるので、有料テーマはそういうところの不自由さがないです。
(cocoonは部分的に文章の色はつけられます。)

他にもテンプレはあっても、そこから部分的な色は変えれなかったりしました。

無料というだけあって、何かと不便なことが多々ありました。
ですが有料テーマにしてから不便なことは特に感じていません。

有料テーマのデメリット

悩む女性のアイコン画像悩む女性

無料テーマのダメなところはわかったけど、有料テーマのダメなところはないの?

wordpressの有料テーマのデメリットとしては2つあげられます。

wordpressの有料テーマのデメリット
  1. 金銭的な問題
  2. 途中から有料テーマにするとデザインが崩れる

この2つを紹介していきます。

お金がかかる

有料テーマは名前の通り「有料」です。

テーマごとに価格差はありますがだいたい1万円から1万円後半が多いですね。
ブログのモチベがそこまでない人には手が出しにくいです。

有料テーマにすれば儲かるなんて保証はないのに、買うことはできないですよね。

なのでブログのテーマは信用財だと思っています。

信用財とは、商品あるいはサービスを利用したとしても、その商品やサービスの質が良かったかどうか判断できない財であり、商品やサービスを供給する側を信用するしかないような財のことを指します。

ビジネスに役立つ知識 信用財

テーマ移行でブログのデザインが崩れる

ぼくはcocoonからSWELLに移行しましたが、その際若干崩れました。
(崩れたと言っても、すぐ直せるものだったので直したい記事のは直しました。)

喜ぶ男性のアイコン画像喜ぶ男性

ぼくは一生無料テーマで攻める!

このような意志がある方ならいいですけど、「変えるかも知れないなぁ」という方は早めがいいです。

記事数が増えるとデザインを手直しするだけで時間かかります。
効率がかなり落ちますよ。

最近はテーマ移行のプラグインがあったりしますが、対応外だとデザインの手直しが必要なのでそこは残念なポイントですね。

有料テーマがもたらしてくれること

冒頭で有料テーマと無料テーマの違いについて話したことを復習です。

wordpressのテーマの違いはこんな感じと先ほど説明しましたよね。

wordpressの有料テーマと無料テーマの違い
  1. デザイン性
  2. カスタマイズ性
  3. 記事作成の効率

じゃあこの3つがどのような効果をもたらしてくれるのか。

そこを知れば有料テーマを買う人の心理がわかります。
表面的ではないメリットがあることを説明します。

この記事の冒頭で言った「有料にして行動が変わったから稼げるようになる。」
覚えていますか?

このことについて紹介します。

インプットに時間をかけられる

有料テーマにすることで、HTMLやCSSの知識がほぼ不要になりました。
(ほぼというのは、さらにこだわりたい人やテーマによって異なるからです。)

いちいち記事を書くごとにググっていたら時間を無駄に使います。
そんなことに時間をかけるなら、さっさとお金をかけて時間効率を高めましょう。

いい記事を書く(アウトプット)には良質なインプットが必要です。
インプットなしにいい記事は書くことはできません。

2日間くらいバイトすれば、テーマ分は稼げると思います。
どこに時間をかけて、どこをお金で解決するか。

改めて考え直してもいいと思います。

読者の滞在時間が伸びてSEO対策ができる

よく「このテーマはSEOに強い」とか言って「PV増えました!」とか言ってますけど、SNSからの流入ならSEO関係ないですよね。

「デザインが整う→ユーザーの滞在時間が伸びる→SEOの評価が上がる」
これがSEOに繋がります。

デザインが良ければトップページだけではなく、他のページも気になりませんか?
そして他のページで気になる記事があればクリックして読みますよね。

その結果、直帰率の減少滞在時間の延長が見込めるというわけです。

なので、結果的には間違っていないのかも知れませんが、デザインを良くすることが重要なのではないでしょうか。

継続してブログを書こうと思える

これは投資した金額が増える分、「取り返そう!」という気持ちが強くなるからです。

結局ブログで成功するって、継続なしでは無理なんですよ。
だった最低でも3ヶ月立たないと検索上位にはならないとか言いますからね。

「取り返そうと思う→長く続ける→結果が出る」

こんな流れが生まれます。

ブログで成功している人はほとんどの人が何年と継続しています。
継続なしに成功することはできません。

wordpressのテーマは有料か無料か最終決着【まとめ】

長々とこの記事を読んでいただきありがとうございます。

ぼくが一番言いたいのは「有料テーマにするなら早めがいいぞ」ってことです。

  • 記事が多くなる前に変えたほうが修正が容易
  • 自分のモチベ
  • 認知された時から「おしゃれなブログの人」

記事で紹介しきれてない部分のこともありますが、やるなら早めがいいです。
(経験談)

目次
閉じる